埼玉県内で注文住宅を検討している方に向けたサービスの傾向

埼玉県は東京都と比較した場合、1坪当たりの土地単価が安いため、注文住宅で家を作る時の土地についても広い土地を選べると言う魅力があります。都内で家を建てようとした場合、1坪当たりの土地価格が高いので、予算に合う土地を購入した場合、20坪前後の土地になり、住居スペースを確保するためには建物を上方向に作る3階建て住宅になると言うケースも少なくありません。3階建て住宅は狭い土地でも家を作る事が出来ると言う魅力がありますが、階段での上り下りが生活の中に必要になるため、歳を取った時の事を考えると2階建てが良いと感じる人も多いようです。その点、土地単価が低いエリアであれば2階建てや平屋などで家づくりを進めて行く事も出来ると言うメリットもあります。

平屋住宅はワンフロアー設計、家族のコミュニケーションが広がる

平屋住宅を作る場合には、ある程度の土地の広さが必要になります。土地面積が約30坪の土地物件を購入した場合、その土地に建築する事が出来る家は、容積率や建蔽率などの関係からも30坪の家を作る事は出来ないので、住居スペースを十分確保する場合には、2階建て住宅にしなければなりません。建蔽率は敷地面積に対する建築面積の割合であり、土地にはそれぞれ建蔽率が定められているので、その範囲内で家を作る事になるわけです。しかし、土地単価が安いと言った場合には、より広い土地を購入する事も出来るようになるので平屋住宅を考える事も可能になります。埼玉県内で注文住宅での家づくりをする人の中にはワンフロアー設計で行える平屋住宅を希望する人も多く、平屋住宅は家族とのコミュニケーションを広げられると言う魅力があります。

大きな家を作ればエコな生活も実現

日本の住宅の屋根は複雑な形状をしているため、太陽光発電システムを導入しようとした場合、限られた部分にしかソーラーパネルを設置する事が出来ません。しかし、注文住宅で家づくりを進める段階で、太陽光発電システムを導入し易い構造にしておけば、家の中で使う電力を作りだす事も出来ますし、より多くの電気を発電出来るようになれば、電気代を大きく節約出来る効果にも繋がります。埼玉県の中で注文住宅での家づくりを行う人の中には、設計段階で太陽光発電システムを導入する事を決めている人も多く、平屋住宅や太陽光発電と言ったサービスを提供してくれる工務店やハウスメーカーが多くありますし、県内には大手のハウスメーカーなどが建築したモデルハウスの見学が出来る住宅展示場が各エリアに作られています。